読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブプリンター名を表示させる

VBAでアクティブのプリンター名(とポート名)を取得する。

Sub ShowCurrentPrinterName()
MsgBox "現在使用しているプリンターは、" & _
Application.ActivePrinter _
& " です。", Title:="現在使用しているプリンターの表示"
End Sub

【メール自動作成&送信】CDO.Messageによるメール送信

VBScriptでメールを送信する。

Set objMail = CreateObject("CDO.Message")

objMail.From = "username@gmail.com"
objMail.To = "username@gmail.com"
objMail.Subject = "SMTP認証、SSL通信によるメール送信テスト"
objMail.TextBody = "CDO.Messageを利用したSMTP認証、SSL通信によるメール送信テスト"

strConfigurationField ="http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/"
With objMail.Configuration.Fields
   .Item(strConfigurationField & "sendusing") = 2
   .Item(strConfigurationField & "smtpserver") = "smtp.googlemail.com"
   .Item(strConfigurationField & "smtpserverport") = 465
   .Item(strConfigurationField & "smtpusessl") = True
   .Item(strConfigurationField & "smtpauthenticate") = 1
   .Item(strConfigurationField & "sendusername") = "username@gmail.com"
   .Item(strConfigurationField & "sendpassword") = "password"
   .Item(strConfigurationField & "smtpconnectiontimeout") = 60
   .Update
end With

objMail.Send

Set objMail = Nothing

[送信方法]  sendusing = 固定で2を入れる。この数字は、ネットワーク上のSMTPを利用するという意味で、SMTPサーバーとSMTPポートの値を参照するようになる。
[SMTPサーバー]  smtpserver = サーバーを指定
[SMTPポート]  smtpserverport = ポートを指定
[SSL通信をする/しない]  smtpusessl  = True/Flase
[SMTP認証]  smtpauthenticate  = 1(Basic認証)/2(NTLM認証) 1でおk?
[送信ユーザー名]  sendusername  = ユーザー名
[送信パスワード]  sendpassword  = パスワード
[タイムアウト]  smtpconnectiontimeout  = 接続がタイムアウトするまでの秒数

その他コード

[CC]  <CDO.Message object>.CC  メールアドレス
[BCC]  <CDO.Message object>.Bcc  メールアドレス
[ファイル添付]  <CDO.Message object>.AddAttachment  ファイルのフルパス
[HTMLメール]  <CDO.Message object>.HTMLBody  HTML文章
[charset]  <CDO.Message object>.BodyPart.Charset iso-2022-jp,shift-jis,utf-8 など

アドレスを複数設定する = "(アドレス1);(アドレス2)"と記述
アドレスに表示名を付けたい = "(表示名) <(アドレス)>"

 

*関連*

ログファイル作成 & 追記 - goldrehのブログ

 

http://serialty.blog117.fc2.com/blog-entry-10.html